英語の学術誌に学術論文を発表するお手伝いをします

Eruditoでは、英語を母国語としない著者の学術論文の補助を専門としています。研究内容をできるかぎり明確に伝達し、英語を母国語としない著者の論文発表の可能性を最大限にするサポートを世界各地の著者の皆様に提供しています。

弊社サービスの特長

無料サンプル編集
ご発注の前にサンプル文書をenquiries@eruditoediting.comまで電子メールでご送信いただくと、弊社編集者が完全に校閲したものを変更履歴およびコメントを付けて返却いたします。

受理されることを保証
お客様の論文は、学術誌から、言語表現を理由に不受理にされることはないことを保証いたします。そうでない場合には返金をいたします。

初回の発注は1割引

弊社のサービスの流れ

まず、英語を母国語とし、お客様の専門分野の博士号を持つ専門家が文書を編集します。その次に別の専門家がさらに校閲を行います。流暢な文面と完璧な文法で構成されたお客様の文書を、出版可能な状態にしてお返しいたします。また、各文書は発表される学術誌の特定のガイドラインに沿ってフォーマットされますので、弊社で最終的に仕上げた文書を提出することができます。弊社では90日間に限り、無制限の編集回数および無制限の専門分野の編集者へのアクセスを保証しておりますので、その間、編集者の提案やコメントに対応していただくことが可能です。これに加え、学術誌に発表される可能性を高めるために3つの追加サービスをご提供しています:

カバーレターの作成–提出論文に添えるカバーレターをお客様のニーズに合わせて作成します。このレターには、主要な目的および研究結果、そして、専門分野への貢献内容、雑誌読者への関連性を説明します。
原稿の校閲–英語の修正について徹底的な詳細と説明を提供し、編集者が文書に変更を加えた理由をお客様にお伝えいたします。
インストラクショナル・エディティング(教育編集)–英語力が限定されている著者のお手伝いをする、弊社の最も包括的な執筆および編集のサポートサービスです。著者の研究成果が発表される可能性を最大限にします。

料金

学術編集サービスの料金は、1単語につき$0.07と分かり易い設定になっており、10,000単語未満の文書の場合には3営業日以内にご返却することを保証しています。また弊社では、24時間と48時間の短納期のオプションもご用意しており、同日エクスプレスサービスでは10:00(グリニッジ標準)までのご依頼に対して同日22:00(グリニッジ標準)の納品が可能です。

納期 料金(1単語当たりの米ドル)
標準 $0.07
48時間 $0.10
24時間 $0.13
同日エクスプレス $0.15

所要日数に土曜・日曜や英国の法定休日は含まれません。
同日エクスプレスと24時間サービスは6,000単語未満、48時間サービスは8,000単語未満の文書に限ります。10,000単語以上の文書につきましては、割引料金で別途見積もりをいたしますのでお問い合わせください。

学生のお客様向けの編集サービス

割引料金で学生向けサービスも行っています(納期・料金:標準:$0.05、48時間:$0.06、24時間:$0.07、同日エクスプレス:$0.10)。

弊社のカスタマーサービス、編集の品質、料金設定、納期は業界でも最高水準です。弊社では、お客様一人一人に応じたサービス提供で学術誌への発表という全プロセスを支援することを目指しています。

設立者からのメッセージ: 「Eruditoでは、科学研究の伝達に際して、言葉の壁を克服する新しい方法の発見に継続的に努めています。」

Kate Fox博士はオックスフォード大学で微生物学の分野で博士号を取得し、「Nature Communications」、「Nature Reviews Microbiology」、「Nucleic Acids Research and PLoS Pathogens」 などの学術誌に論文を発表してきました。博士は、博士課程修了後の研究以外に執筆および編集の経験も豊富で、学術論文発表に際して世界中の科学界の著者を支援する一流のサービス提供に取り組んでいます。

論文の発表は、Eruditoにお任せください

今すぐ始めませんか。

メールでお問い合わせください: enquires@eruditoediting.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>